かぎろひ通信

HOME > かぎろひ通信

かぎろひ通信 2017年9月

■一筆啓上申し上げます

9月です。中秋の名月を愛でる行事がありますが、月を美化してみんなで楽しむなんてとても素敵な事だと思います。9月以外ではこれ程「月」に注目する事はないのではないかと思います。日本は優雅で平和な行事が有ってとても良い国です。

一方、真逆の話題ですが、9月は若者の自殺者が他の月よりもかなり多く、とても危険な月だそうです。長い夏休みが終わり学校が始まり色々な事に悩む若者が多いとの事。

5月病なることばが世間を賑わわせた時が有りましたが、その5月よりも9月の方が大変な様です。

以前交通事故死者数が1万人を超え大問題になりました。様々な交通に関わる規則ができ、そのおかげで今では半減とまでは行かないまでもかなり減りました。

しかし自殺者は毎年年間3万人のラインで推移しており、このところ若干減る傾向に有る様ですが予断を許す状況ではありません。

交通規則と同様の規則を作る事もできず、ただただ啓発活動を推進して行く事位しか対策は有りません。

交通事故のようにスピードを出し過ぎていたとか、お酒を飲んでいたとか、よそ見をしていたとかなどと理由がある程度限られているものは対処しやすいのですが、自殺は理由が多過ぎます。

どうすればよいのかと色々思いを巡らせる(なんとなくですが)と、行きつく所は日本という国の方向性を定める立場の政治家さんが全員襟を正して日々活動してもらう事だという結論に達しました。国も地方も同じで、こう度々変な人が話題になる今の政治の世界で世直しができるとは思えません。

もちろん清く正しく一生懸命仕事に励んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、今の状況はそんな人達が埋もれてしまっている様に思えてしかたありません。

今、テレビで政治家さんを酷評している人達が皆政治家になったら世の中を良くしてくれるのかな、と思ったりする事が有ります。

世の中に影響を与える立場の人達は周囲から尊敬の念で見られる人でなければならないと思います。そういう人が多い世の中であれば、将来を悲観して自ら命を絶つ人は減るのではないかと思っております。

(文・錦織)

■和題&活動内容お知らせ

7月より31年成人式のお嬢様に振袖のご案内をしております。昨月は数名のご来店が有りお買い上げ頂きました。レンタルは無しです。古典柄中心の品揃えを致しており好評です。

■頭の柔軟体操

9月は悩める若者が多いとの事。そこで人生についての悩み相談・解決を多く手掛けてきた「三休禅師」の「解決策」という書の中から、書き出し部分を問題とさせて頂きました。

問・文章の□(漢字)と○(ひらがな)を埋めて文章を完成させて下さい。ヒントは解答一覧を参考にして下さい。

問題文

★私は掃除を□□にしている。「大勢のお客様に□□○良く足を運んで頂ける様に」という□○を込めて、掃いたり拭いたり□○たり、自ら率先して□を動かし掃除をする。

そうして掃除に没頭し□□に□を動かしていると、フッと色々な事が頭に浮かんでくる。

★「雑用は判断のゆりかごなり」という事を私は痛感する。これは非常に□□な事だから□に銘じて欲しいのだが、雑用というとバカにしていい加減にやる人が多い。これは□□ちがいだ。雑用は神霊が与え賜った□□。これこそが生きた□□なのだ。

解答一覧→①体②段取り③清め④熱心⑤肝⑥奉公⑦思い⑧腹⑨重要⑩大切⑪気持ち⑫通例⑬日課⑭思考⑮修行⑯考⑰心得⑱整え⑲無心⑳物

(注・同じ文字が2回2ヶ所出てきます。1文字の所と2文字の所が有ります。ヒントのヒント→答えはある一定の法則になっています。)

●回答をお寄せ下さいませ。正解の方には記念品をご用意致しております。ただしご来店可能な方に限らせて頂きます。

●ご意見ご感想の宛先nishikouri@-washibata.co.jpです

株式会社柴田衣料店(かぎろひ屋) / 〒630‐8343 奈良市椿井町3番地 / TEL : 0742-20-2222(代)

Copyright © 2010 Shibata Iryoten co.,Ltd. All Right Reserved.