かぎろひ通信

HOME > かぎろひ通信

かぎろひ通信 2018年10月

■一筆啓上申し上げます

10月です。大変気候の良い季節です。

外国人観光客の皆様には今の時期に来日して頂くと、さらに日本の印象が良くなるのではと思います。7月後半のひどい暑さの中来日された方々は「なんじゃこりゃ」と思われた事と思います。ある程度把握されてから来られた方も有ると思いますが、あまりにもひどい暑さでしたのでかなりの減点になったのではと思います。

そんな中、スポーツの話題として昨月このコーナーでは高校野球を取り上げましたが、その後それ以上の話題の人物が現れました。

もちろんプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手です。ハーフでありアメリカ生活が長かったことから、日本語は少しだけしか話せないようでは有りますが、日本人として登録し日本へ帰国してくれたわけであり、日本人がテニスの4大メジャー大会の一つを制したという事実は今回記録されたわけです。

スポーツの世界の中でもテニスとゴルフはいわゆるメジャー大会という競技会が有ります。団体で行う競技の最高峰はワールドカップが有りますが、個人で行う競技は4大メジャー大会という事になります。

テニスにしてもゴルフにしても日本人選手は何度も何度もメジャーに挑戦しますがことごとく跳ね返されてきました。

過去そのメジャー大会を制した日本人は一人だけでした。1977年全米女子プロゴルフ選手権大会を制した樋口久子さんです。それ以来皆頂点に届かずに来ました。

昔からなぜ日本人はメジャー大会に勝てないのかと常に問われてきました。理由は色々有ると思われますが、第一は体力だと思います。精神的な理由も有るとは思いますが、主たる理由はそこではないかと思います。(主観ですが。)古来より日本人は欧米人に比べやや体力的に劣っている傾向にありました。その劣っている部分を練習や訓練で補おうとするのですから非常に大変です。

男子テニスの錦織圭選手はあと一歩の所まで行きましたが、あの体力であそこまでいくとはすごいことです。

周囲の人は大いに期待し選手はそれに応え様としますが、自分の体とよく相談しながら行って頂きたいと思います。

上位で争う事自体が夢のような話であり、応援する側は期待する心と人を気遣う心とを共に持って観戦しましょう。 (文・錦織)

■和題&活動内容お知らせ

昨月行われました「ロイヤルフェア」にて日本画家の佐々木経二さんの作品が好評でした。自然の花を写実的に描いたきものや帯がお客様の心に響いた様です。

■頭の柔軟体操

心地良いこの時期は何と言っても景色の良い観光地や温泉に旅行がしたくなります。

そこで今回は有名な観光地として名高い「上高地」から問題を出します。次の文章は上高地を説明したものです。

□の所に当てはまると思われる文字や数字を入れて文を完成させて下さい。

説明文

上高地は□□市に属し、長野県西部の□□山脈南部の□川上流の景勝地である。□□山岳国立公園の一部となっており、標高は約□500メートル。

この地名は元々「□垣内」と表記されていたが、後に現在の上高地となった。

□垣内とは□高神社の祭神「□高見命」が降臨しこの地で祀られている事に由来する。

□高連峰や□ヶ岳の登山基地となっている。

●注:数字の入る所が1ヶ所。同じ文字が入る所があり、2ヶ所同じ所と3ヶ所同じ所が有ります。

★回答をお寄せ下さいませ。正解の方には記念品をご用意致しております。ただしご来店可能な方に限らせて頂きます。

★ご意見ご感想をお願い致します。宛先は

nishikouri@wa-shibata.co.jp です。

株式会社柴田衣料店(かぎろひ屋) / 〒630‐8343 奈良市椿井町3番地 / TEL : 0742-20-2222(代)

Copyright © 2010 Shibata Iryoten co.,Ltd. All Right Reserved.